【海沿い】宮崎白浜オートキャンプ場のコテージに宿泊したら最高だった

ヤシの木と海をバックに総合案内の看板

2020/04/02追記

・2020年4月は営業しているとのこと(本日電話で確認済み)←コロナの影響でいつ一時的に閉鎖するか不明な為、都度確認した方がよさそうです。

・宮崎白浜オートキャンプ場のホームページがリニューアルされてます(本記事内のリンク先は編集済み)。 新サイトはコチラ

・HPリニューアルで予約がサイトから出来るようになってます。空き状況も分かって使いやすいです。

・2020年7月1日以降から施設のリニューアルに伴い価格改正されるみたいです。

 

サーフィンできない海男のなんそんです。

 

10月末に海沿いでキャンプするのは初めてで、寒いかと予想していましたが、たまたま宮崎の気温が最高28℃だった為、まさかの夏再来にて半袖で過ごせた今回のキャンプ。

平日であることと、時期もあってかコテージ利用者は2組でしたが、海沿いのキャンプ場の為、繁忙期は予約取れないのではないかというぐらいロケーションが良い場所で最高でした。

バーベキュー・花火・夜中のUNO等、楽しさがいっぱい詰まったキャンプをコテージに宿泊して実施きたので、写真と共に情報共有して行きたいと思います。

 

 

コテージ写真

外観

3棟連なるコテージ

コテージ外観正面

コテージ外観正面左斜め

 

今回宿泊したのはケビン−3で、炊事場の隣側でした。

木造平屋の一軒屋になっており、隣の棟とも程よい距離を保ちつつ、車も横付け出来るようになっています。

バルコニーも広めになっているので、最悪雨が降っても十分凌げる広さです。

 

 

コテージからの景色

遠目にヤシの木と青空が見える海

バルコニーでバーベキュー

 

海へはちょっと遠いですが、波音が程よく聞こえて、遠目にみる海もまた落ち着きます。今回はケビン−3でしたが、景色で言えばケビン−4が若干海に近いので一番良いかと思いました。予約時に要確認です。

 

 

リビング

キッチンとテーブルが置かれたコテージ内

少し焼け焦げた木製のテーブル

 

椅子も6脚用意されて、室内でも飲食できる十分な広さを兼ね備えていますし、バルコニーへのアクセスはキッチンからすぐそこなので調理からバーベキューコンロまで移動しやすいです。

観ることはありませんでしたが、昔懐かしのブラウン管テレビも付属していますよ(逆に希少)。

写真には写っていませんが、テレビの上部にエアコンも完備している為、真夏のキャンプには必須ですね。

 

 

キッチン周りの設備

2ドア冷蔵庫の上に乗った炊飯器

キッチン周り全体像

 

設備としては2口ガスコンロ2ドアの冷蔵・冷凍庫付属しており、調理や氷や冷凍物の保存は可能です。

フライパンや鍋・炊飯器など、通常はレンタルになりそうなものも付属しているのはかなり良いですね。

 

 

キッチン備品

キッチン周りの付属品

キッチン備品一覧

棚に入った食器やコップ

 

簡易的に調理できるセットは揃っているので、洗う手間とレンタル料金を惜しまなければ食材だけ持ち込んでもバーベキューやカレー等は可能になっているセットですね。

 

 

ベットルーム

部屋の4端に置かれた畳が敷かれた簡易ベット

綺麗に畳まれたシーツ

寝室からリビングまでの直線的撮影

 

リビングからカーテンで仕切ることができるベットルーム。下に4つのベットと、上に2つベットがあり、合計6つのベットがあります。

下のベットはコロがついており、スライドさせて移動も可能な為、夜の宴会はベットを移動させてパーティーもできますよ。

リビングにもエアコンはついていますが、ベットルームにもエアコンがついているのは温度調整しやすくて重宝できますね。

 

 

洗面台

タオルがかかった洗面台

 

女性が化粧もしやすい仕組みなのか、洗面台の台が広めタオルと石鹸も付属しています。ちょっとしたタオル掛けもあるので、干すこともできますよ。

 

 

シャワー室

シャワーだけのシンプルな浴室

 

コテージ内に浴槽はありませんが、シャワールームはあります。たまにちょっと大きめなスパイダーマンがホームにカミングしにきますが、すぐ裏が山なので仕方ないですね。

おーい、誰かアイアンマンを呼んでくれ〜

 

 

夜の様子

コテージの照明と影

照明が輝く夜のコテージ

 

今回2組しかコテージに泊まっていなかったので周りは静かで、結構真っ暗でしたが、バルコニーの照明で十分バーベキューが出来る明るさにはなりました。

友人がランタンを持参したので、ランタンを紐(3メートルのライトニングケーブル)で吊るして良い感じに屋外バーベキュー感がでましたよ(屋外照明もちゃんと付きます)。

 

夜のコテージの照明と星空

コテージと星空

 

夜は星空満天で、写真では表現しにくいですが、普段見えない星も綺麗に見える程たくさんの星を見ることができました。しんみりと恋話もいいですね。

 

ソニーのスピーカー越しにバルコニーのバーベキュー

 

キャンプにはBluetoothスピーカー必須です。ソニーのSRS-X1を2つ持って行き、ステレオ爆音でゆる〜い音楽をかけて、お肉とお酒をいただくのは最高ですよ!

 

 

可愛い来客ネコちゃん

バルコニーを遠くから見つめるネコ

風景と一体化するネコ

 

風景に一体化しており、最初は全く気付きませんでしたが、結構序盤からネコちゃんがこちらの様子を伺っており、近づくことも逃げることもなかったので、放置した結果…

 

道路でくつろぐネコ

 

じんわり近づいていました(笑

まだ肉も焼いてないのに、準備をしているだけで、何かを察したのでしょう。でもまた放置した結果。

 

道路からこっちをみているネコ

 

めっちゃ近づいてた(笑

こちらから近づこうとすると逃げるのでガッツリ絡むことはできませんでしたが、可愛い来客にほっこりしました。最終的にはバルコニーまで来ましたよ。

 

バルコニーのコンクリートでくつろぐネコ

バーベキューグリルを除くネコ

 

バーベキューのグリル台の上を覗いて、「なんだよ、なんも焼いてねぇのかよ」と言わんばかりに、この後にネコちゃんの姿を見ることはありませんでした。

後日、友人がネコちゃんについてスタッフへ聞いたみたいなのですが、このネコちゃんは清掃の人が餌付けしているみたいで、住み着いちゃったとかなんとか…。

こんなに可愛いと餌付けしたくなる気持ちはかなり分かりますけどね(汗

 

 

炊事場

ケビンの案内板と炊事場

屋根付きの屋外炊事場

 

コテージ内でほとんど済むので、バーベキューのコンロを洗う以外には使いませんでしたが、大きい鍋を大火力で炊きたい場合は使えると思います。

足洗い場はコテージにはないので、海に行って、さっと洗うにも使えそうですね。

 

 

売店(管理棟)

売店の営業時間が書かれたラミネート

売店に売られている品物と薪と炭

 

営業時間は8:30〜20:00で、炭や薪・紙コップや紙皿等、一通り揃っている為、忘れてしまった場合でも買えちゃうので安心です。

ちなみに、薪が650円炭(3kg)550円になっています。

 

棚に陳列された売店の商品

冷蔵ガラスケースに並べられたビール

 

お酒も焼酎も氷も売っているので、足りなくなっても買い足せるのが酒好きにとっては嬉しいですね。

 

壁に貼られた施設案内と料金のラミネート

管理棟トイレの入り口

 

管理棟の隣にトイレと洗濯機も置いてあり、コテージではなくテント泊する人などは利用するのではないかなと思います。ちなみに洗濯機は結構古くて有料です。

 

 

ゴミ置場

ゴミ置場の案内板

分別の説明が書かれた屋外のゴミ置場

分別の説明が書かれた屋外のゴミ置場

 

管理棟の横にゴミ置場が設置されており、きちんと分別すれば破棄してくれます。ゴミ持ち帰りのキャンプ場が多い中で、ゴミ置場があるのはかなり嬉しいです

宮崎のゴミの分別はかなりめんどくさいので、細かく分ける必要がありますが、分別方法が書かれた紙を申し込みの時に管理棟にてもらえるのでしっかり確認しましょう。

 

 

施設・レンタル料金一覧

施設の利用料金が書かれたラミネート

レンタル料金が書かれたラミネート

 

写真を見ていただければ一目瞭然ですが、補足しておきます。

コテージ(ケビン)は人数により料金が違うので注意が必要です。

バーベキューグリルに付属しているものは、網・肉用トング・炭用トングが付いてきます。グリルは結構使いこなされたものなので、値段を考えると持って行った方が良さそうだと今回感じました。

レンタルするかどうかは当日でも良いと事前予約の時に電話で担当の方が言ってましたので、じっくり検討しましょう。

 

 

買い物にオススメな場所

お肉屋さん「石川精肉店」

宮崎牛の取り扱いやA5ランクお肉を扱う精肉店なので、高級志向かと思いきやリーズナブルなお肉もあり、100g単位でも売ってくれる為、いろんなお肉を楽しめます

「石川精肉店のホームページ」を新しいタブで開く

スーパーで購入するより、こちらで揃えた方が美味しくて安いです。バーベキュー用の目安なども書いてあるので、店員さんに予算と人数と要望を伝えたら取り揃えてくれますよ。

ここで3人分を揃えて、約3000円(約1キロ、牛タンやきなこ豚や牛肉も含む)だったので、高級な肉を買わない限りは通常の予算内には収まるはずです。

可愛い店員さんがいるのでリーズナブルで美味しいので、次回キャンプする時は利用決定です!

 

住所:〒889-1605 宮崎県宮崎市清武町加納3丁目9

 

宮崎市内から車で約20分で行けて、白浜オートキャンプ場へ行く方向でもあるので、かなりオススメできます。一度値段含めて覗いて見て、予算に合わなければ近くのスーパーで値段を見てみるという手もあるので、じっくり検討してみてください。

 

 

スーパー&百均「マルショク加納店&ワッツウィズ」

石川精肉店から車で3分の所にスーパーと百均があります。野菜や飲み物も揃いますし、小さいですが、ワッツウィズという百均も併設されている為、買い物が一度に済みます。

ただ、時期のせいだったかもしれませんが、炭は売ってませんでした。その為、私たちは白浜オートキャンプ場の売店で炭(3キロ550円)を購入しました。

事前に買えるものは無難に買って行った方がいいかもしれませんね。

 

住所:〒889-1605 宮崎県宮崎市清武町加納加納346−1

 

 

宮崎で焼肉のタレと言えば…

赤白緑のラベル「戸村のタレ」です!

 

昭和40年に戸村精肉本店を開業され、当時肉の漬けダレとして使用していたものを

お客さんから売って欲しいと言われて売り出したのが始まりとのこと。

 

現在は 株式会社 戸村フーズ を設立され、日南市の工場で製造されています。

 

ニンニクと生姜はもちろん、リンゴとバナナが入っている為、

甘さとニンニク醤油加減が絶妙でお肉にマッチします。

 

宮崎市内ならコンビニ含めどこでも売っているので、

現地調達でもよし、事前に味見するもよしです。

 

知らなかった人や、県外からお越しの人は是非ご賞味ください♪

 

 

キャンプ場アクセス

住所:〒889-2164 宮崎県宮崎市大字折生迫字上白浜6600−1

 

宮崎市内から車で約30分。

鹿児島市内から車で約2時間10分。

福岡市内から高速に乗って約4時間。(←ちなみに友人の運転で宮崎まで来ました)

 

 

キャンプ場周辺の施設

別の記事で、近辺の施設や神社、ドライブコースなどを紹介していますので、宜しければ参考にどうぞ。

(新しいタブで開きます。)

 

関連記事

  夏の海は、てげあちこっせん?どうも宮崎出身のなんそんです! 早速ですが、翻訳をしておきたいと思います。   「宮崎の青島、てげイイじ!!」 ↓ 「宮崎の青島、とてもいいよ![…]

青島の看板越しに見る海
関連記事

  どうも、宮崎出身のなんそんです。   地元宮崎に帰省する度に、必ず日南海岸へ行きます。 宮崎の気候は穏やかで、市内はほとんど雪が降らない為、 夏だけでなく、冬でも太平洋側の海はサ[…]

高台から見下ろした道の駅フェニックス

 

 

まとめ

どんな場所 宮崎の海が堪能できて、朝日がすぐに見れる場所。
住所 〒889-2164 宮崎県宮崎市大字折生迫字上白浜6600−1
電話番号 0985-65-2020(受付時間9時〜18時 年中無休)
チェックイン 14時〜20時
チェックアウト 11時まで
予算 10,450円〜/1棟(人数と時期による)
サイト 宮崎白浜オートキャンプ場(新しいタブで開きます)
注意点① 浴槽なし(シャワー室はあり)
注意点② 22時以降の花火不可

※2019/10/25 時点の情報なので、詳しくは直接お問い合わせください。

 

海が見れて、花火もできて、星空も綺麗で、自然に囲まれたキャンプ場なので、非日常をたっぷり堪能することができて最高でした!

朝起きて徒歩で朝日を見に行けるのは、かなりポイント高いです。今回はあいにくの曇りで朝日は見れなかった(私は爆睡だったので、友人が言うてました)のですが、タイミング良ければバッチリ見れると思います。

コテージの設備や売店やレンタル品の豊富さをみると、初心者でもオススメできるキャンプ場です。ホームページも見やすく、スタッフさんも親切なので、分からないことがあればガンガン質問したほうがいいですよ。

少しでもこの記事がキャンプライフの参考になればなぁと思います。

 

左側から振り返るネコの後ろ姿

 

ゆる〜く生きましょう!

 

関連記事

  宮崎市内から南に車で約50分走らせると、大自然の中にあるキャンプ場「蜂之巣公園」。 宮崎出身の私が実際に行ってきたからこそ、実体験を元にオススメできるキャンプ場なんです!   ノルディ[…]

並んだバンガロー

 

関連記事

  川と飫肥杉に囲まれたマイナスイオン豊富な「酒谷キャンプ場 in 宮崎」へ行ってきました。   廃校の再利用ならではの体育館や改装されたプール、バンガローはもちろんのこと キャンプファイ[…]

バンガローの外観

 

照明が輝く夜のコテージ
最新情報をチェックしよう!