【シニア(親)スマホデビュー】楽天モバイルとiPhoneにした3つの理由

シニアのスマホデビュー

・両親(シニア)がスマホデビューしたいって言ってるけど、どのキャリアがいいんだろう?

・両親(シニア)が使うスマホは、どの機種がいいかな?

 

こういった疑問に答えます。

 

この記事を書いている私は、外資系スマホのテクニカルサポートや、某キャリアでの携帯料金コンサル業務を含む総合受付のコールセンター勤務をしていました。

同居しているシニアの両親(70代と80代)のスマホデビューまで全てサポートした経験があります。

 

こういった私が、解説していきます。

 

▼タップできる目次

スポンサーリンク

両親(シニア)のスマホデビュー!楽天モバイルとiPhoneにした3つの理由

三本指を立てた男性

検討した結果、以下の3つが決め手になった理由です。

 

  • 理由①:Rakuten Linkアプリを使えば、国内通話料が無料
  • 理由②:ほとんどネットをしないので、1GBまでは0円のプランに惹かれた
  • 理由③:スマホの操作を教える私(家族)がiPhoneを利用しているから

 

順を追って解説していきますね。

 

 

理由①:Rakuten Linkアプリを使えば、国内通話料が無料

受話器を耳にあてたウサギの絵

まず両親の携帯料金をチェックしたところ、通話料が高いと判明し、かけ放題にしようと提案。

具体的なオーバーした通話料金は、平均3,000円以上だったのです。

 

両親はauのガラホ利用で、プランはスーパーカケホ(5分通話無料)でした。

5分以上の通話が多いみたいで、これはもったいない!

 

結果的には、Rakuten Linkアプリを使って国内通話無料の楽天モバイルにしたのですが、auやUQはどうなのでしょう?

auもUQモバイルも、24時間かけ放題オプションはあるので、もちろん視野に入れて検討していました。

 

各キャリアの24時間かけ放題オプション料金
キャリア料金(税込)備考参照
au1,980円詳細はこちら
povo1,650円詳細はこちら
UQモバイル770円60歳以上の料金で、通常は1,870円。詳細はこちら
楽天モバイル0円・Rakuten Linkアプリの利用必須。
・アプリ未使用時30秒22円
詳細はこちら

※2021年5月 時点の情報

 

UQモバイルはシニア向けの割引があるので、かなり迷いました。

しかし料金の面で言えば、楽天モバイルの0円には敵いませんね(笑

 

Rakuten Linkアプリを経由する手間はありますが、逆に言えばアプリの操作さえ覚えてしまえば国内通話料が無料になるということです。

よってキャリアは、かけ放題にしつつ料金を抑える目的で楽天モバイルを選択しました。

 

 

スポンサーリンク

理由②:ほとんどネットをしないので、1GBまでは0円のプランに惹かれた

スマートフォンに表示された悩んだ絵文字

両親は70代と80代で、そもそも「インターネットってなに?」状態でした。

auで使っていたガラホにもインターネット接続機能がありましたが、そもそも使ったことがないらしいのです(汗

…と言うことは、以下の理由により1GBもあれば十分ではないかなと仮定しました。

 

  • 自宅にWiFiがある。
  • そもそもこのご時世で自宅をほぼ出ない(年金暮らしで仕事をしていない)。
  • 今までインターネットをしたことがないが、スマホデビューしてLINEなどを使う可能性は出てくる。

 

楽天モバイルのプランは、データ使用量に応じて段階的に料金が設定されています。

データ使用量が1GB未満だと仮定して、検討中のキャリアを比較してみました。

 

各キャリアのデータ使用量1GBに近いプラン料金比較
キャリア料金(税込)備考参照
au2,728円・〜1GB
・2年契約N適用
・家族割プラス2人以上を適用
詳細はこちら
povo2,728円・20GBプラン1択詳細はこちら
UQモバイル1,628円・3GB詳細はこちら
楽天モバイル0円・〜1GB詳細はこちら

※2021年5月 時点の情報

 

データ通信容量をあまり必要じゃない人からすると、1GB〜3GBあれば十分だったりします。

実際私も、モバイルデータ通信は月に1GBぐらいしか消費していません。

 

自宅にいるときはWiFi接続して通信量を抑え、外出時はGoogle検索かLINEぐらいしかしないですからね。

もし自宅だけでガンガンYoutubeを観たり、ビデオ通話しまくるというのであれば、光回線を引いてWiFi環境を整えておいた方がいいでしょう。

 

ご自宅に光回線を引いていないのであれば、NTTが提供するフレッツ光回線の楽天ひかりも要チェックです。

▼楽天モバイルと楽天ひかり申し込みで、楽天ひかり月額料金が1年無料やってますよー。

 

ほとんどインターネットをしない両親としては、データ通信がほぼ必要ないので、1GBまで0円の楽天モバイルに決定しました。

万が一、1GBを超えた場合は3GBまで税込1,078円となります。

 

楽天モバイルの月額料金は、1GB未満のデータ通信&Rakuten Linkアプリを使った国内通話であれば、ずっと0円ということもできるかもしれませんね。

今後、プランの改悪がないことを願いましょう。

 

キャリアが確定した後は、シニアの両親がスマホデビューとして扱う機種の選定です。

続けて解説していきます。

 

 

理由③:スマホの操作を教える私(家族)がiPhoneを利用しているから

レッドカラーのスマートフォン

結論としてスマホデビューの機種はiPhoneSE2になりました。

なぜならスマホの操作を教える私がiPhoneを使っているので、教えやすいからです。

 

…と言いつつも、UQで取り扱っているシニア向けの簡単スマホ(らくらくホン)と迷っていました。

簡単スマホを使ったことはありませんが、メーカーさんがシニアの事を考えて製造したことには変わりないでしょう。

 

残念ながら今のところは楽天モバイルで簡単スマホの取り扱いはありません。

しかし楽天モバイルでも取り扱っているarrows RXという機種が代わりになるかもしれません。

 

arrows RXの特徴を、楽天モバイルの公式サイトで見る

 

arrows RXは、簡単な操作&文字が読みやすくなるシンプルモードを搭載しており、シニア向けとも言えますね。

もしスマホの操作を教える家族がAndroidなら、候補として要チェックです。

 

おばあちゃんにパソコンを教える孫

今更ですが、両親(シニア)がスマホデビューをするにあたり、スマホの操作は家族が教える前提になります。

私はiPhoneを利用しているので、結果的に両親のスマホはiPhoneとなりました。

 

両親のスマホをAndroidにしていたら、教える側も大変だったと思います。

よって、両親(シニア)のスマホデビューは、教える人が使っている機種がオススメですよ。

 

 

スポンサーリンク

まとめ:シニアのスマホデビューは家族と協力しよう

  • 両親の携帯使用が、通話多めでほとんどネットしないのであれば、楽天モバイルがおすすめ。
  • オススメの機種は、操作を教える人(家族)が使っているスマホ。

 

キャリアを楽天モバイルにしてうまく活用すれば、基本料金をかなり抑えてスマホデビューができますね。

今ならプラン料金3ヶ月無料キャンペーンもやっているので、データ通信1GB以上でも0円なのが嬉しい!

両親が間違ってYoutubeをガンガン観てしまっても、ひとまず3ヶ月間はプラン料金0円なので安心です。

 

\ネットでそのまま契約できます/

楽天モバイルの公式サイトはこちら

 

シニアのスマホデビューで、本人たちは上手く扱えるか不安がいっぱいだと思います。

家族の方が根気強くしっかりサポートしていけば、スマホは便利でデビューして良かったと思えることでしょう。

 

両親(シニア)のスマホデビューで悩んでいる方に、少しでも参考になれば幸いです。

 

ゆる〜く生きましょう!

スポンサーリンク
シニアのスマホデビュー
最新情報をチェックしよう!