【インドネシアのSIM】アクティベートのついでに近くの公園を散歩

お辞儀をしている男性の絵が描かれたバス停風ベンチ

インドネシアで散歩に目覚めたなんそんです。

 

前々回の記事でバンドンにある森林公園を紹介致しましたが、散歩というよりはトレッキングに近いレベルの運動量を発揮する広さだったので、今回は普通に散歩できる一般的な広さの公園を紹介して行きます。

上の写真は公園の近くに設置された公共の無料充電&WiFiスポットで、バス停風ベンチが置かれており、バンドンでは多々似たようなスポットがありました。珍しいのパシャり。

パッとみてすぐに状況が分かるし、こんなラインスタンプが欲しいですね〜。

充電が足りていない男性

ゲストハウスの近くにある適当な露店でSIMカードを買ったら、全然使えなくてこんな状態になったので、アクティベートしたついでに散歩した公園を紹介して行きたいと思います。

 

購入したSIMとアクティベート

Indosat IM3 Ooredoo

海外のSIMカードのパッケージ

WiFiの環境がない場所からGrabを使ったり、ちょっとした調べ物をする際に便利なプリペイド式SIMカードな為、早急に準備しようとゲストハウスの近くの店に並んであったSIMカードを購入。

1週間ぐらいしか使わないし、1G使えてラッキーと思い、即購入したのが間違えでした…ちゃんと調べて買うべきでした(反省。

ちなみに、値段は20,000Rp(約155円)と激安です!

SIMフリーにしたiPhoneSEに挿入するも全く使えず、設定などをちょこちょこイジっても使えなかったので、調べたところ、店舗に行ってアクティベート(使えるようにする為の認証)が必要だと分かりました。

タイでは何も設定しなくて使えたので、同じ認識だった事が間違えでした…(また反省。

前回記事で紹介しましたピニシバックパッカーゲストハウスの優しいスタッフさんに携帯ショップの場所を聞いたところ、「ショッピングモールの中にあるよ」との事で行ってみる事に。

 

ショピングモールin携帯ショップ

海外の携帯ショップ入り口

警備員さんもいる大きめのショッピングモールには、パソコンや携帯、ガジェット系のお店がズラリ。

店が多すぎてお目当の携帯ショップがなかなか見つからなかった為、SIMカードが入っていたパッケージを見せて聞き回る事30分で発見(上の写真)。

店構えと内装は綺麗で、入店には少し勇気がいりましたが、店内に入ると爽やかなスタッフさんがお出迎えしてくれました。

さっそく「I can’t use the Internet.(インターネットが使えません)」というと、整理番号的なレシートを渡されて待つ事5分で担当に呼ばれ対面に。

SIMカードが入っていたパッケージを見せると、OK的な笑顔で対応してくれて、パスポートの提示SIMが入ったiPhoneSEを渡してアクティベート完了です。

料金はかからずに「トゥリマカシー(ありがとう)」と笑顔でバイバイした後、ネットが使える事にテンション上がって、このまま歩いて日本まで帰れるんじゃないかと思いましたが、帰国はさておきアクティベート出来たついでに近くの公園を散歩することにしました。

 

ショッピングモールへのアクセス

私が宿泊していたピニシバックパッカーゲストハウスからGrabバイクを呼んで、10分以内の距離です。

ちなみに料金は行きも帰りも各9,000Rp(約70円)で激安!
※時間帯やルートにより変動あり。

 

▼Grabアプリのダウンロードがまだの人は下からどうぞ〜。

Grab App

Grab App

Grab.com無料posted withアプリーチ

 

 

Bandung City Hall Park

バンドン市役所隣の公園

木々に囲まれた公園の噴水

公園の中にある鯉の石像の噴水

ココの後ろ(背面側)が市役所になっており、この公園も市が管理しているのかもしれませんね。

これぞ鯉のぼり!」と言わんばかりの3Dな石像がありました。どうやってつながっているか分かりませんが、昇ってますねぇ。

このまま進んでみましょう。

 

大きめの木に囲まれたサイの石像と公園の名前

サイの石像と公園の噴水

公園の噴水で遊ぶ子ども達

今度はサイの石像が中央にドドンと設置されており、またもや噴水がありました。

子ども連れの家族カップルなど老若男女問わずたくさんの人で賑わっており、憩いの場として癒されるのは間違えありません。

 

フリーワイファイと書かれた看板と公園

実はココの公園は、FreeWiFiが飛んでいるんです!

すばらしい お・も・て・な・し ですね!

表無しなので、何か裏があるかと思いましたが、WiFiは問題なく接続できますし、決して速くはないですがちゃんとネットもできましたよ。
※公共のWiFiに接続する際はセキュリティに難ありです。自己責任でお願いします。

公園には石像や噴水だけではなく、子どもが遊べる遊具ベンチもある為、大人はベンチに座って遊具で遊ぶ子どもを見守るという家族の微笑ましい姿をみる事が出来ました。

ちなみにトイレはありますが、トイレ前に管理人(?)らしき人がいたのでおそらく有料です。有料といっても1,000〜3,000Rp(約8円〜23円)ぐらいでしょうが、トイレは事前に済ませて行きましょう。

 

ショッピングモールからのアクセス

距離的には1キロぐらいで10〜12分ほどで行ける為、徒歩で全然行ける距離です。

 

ちなみに私が海外渡航前に友人より誕生日プレゼントとして買っていただいたサンダルが最高に歩きやすかったです。靴下を履けばスニーカーっぽく見えるので、飛行機もこれで乗りました。かなりオススメですよ!

KEENのサンダルを素足で履いた様子

 

 

まとめ

▼スマホの場合は下の表を横にスクロールできます。

内容 価格 場所
Indosat IM3 Ooredoo
(SIMカード)
20,000Rp(約155円) ピニシバックパッカーゲストハウスの近所で購入
ショッピングモール Grabバイタク片道
9,000Rp(約70円)
地図(新しいタブで開く)
Bandung City Hall Park 無料 地図(新しいタブで開く)

※2019/6/4時点の情報なので、変動する可能性があります。

今回SIMカードを購入して反省した点を含めると、購入は屋台ではなく空港やキャリアの店舗で設定までしてもらうことをオススメします。

ちょっとしたトラブルがあったからこそ、ショッピングモールや公園との出会いがあったので、これもまた旅の醍醐味として良しとしましょう!

とにかくバンドンは大小問わず公園も多く、家族連れで遊びに来ている風景をよく見る為、公共の無料チャージスポット公園建設含め、国(?)街(?)の市民に対する優しさを垣間見ることができた気がします。

物価が安くても市民の笑顔が国を潤し、働く環境が良くなればスタッフが働きやすく優しくなれて、観光客が増えればお金を集めて街(もしくは国)が活性化する

今回は1週間という短い期間でインドネシアのほんの一部分しかみていませんが、良い国づくりの良循環モデルルームをみたようなバンドンの旅でした。

いつかバンドンに住んでみたいものですねぇ〜。次はインドネシアの首都ジャカルタに戻りまーす。

 

ゆる〜く生きましょう!

 

関連記事

フィリピンで飛行機が遅延して、人生で初めて空港泊したなんそんです。   トラブルもありつつ、なんとかインドネシアの首都ジャカルタに着きました(汗 上記写真は、スカルノハッタ空港からガンビル駅まで高速バスを[…]

線路からヤシの木とバンドン駅
関連記事

インドネシアの森林浴で1万歩以上歩いて次の日筋肉痛になったなんそんです。   ゲストハウスで仲良くなった、日本語は喋れない日本とインドネシアのハーフのおっさんお兄さんに、「バンドンでオススメの公園を教えて欲しい[…]

森の中で枯れた木が斜めにふさぐ通路
関連記事

海外で初めての湯船が温泉だったなんそんです。   安宿ばかり泊まっていたので、いつもチョロチョロのシャワーばかりでしたが、まさかのインドネシアで温泉に入れて湯船のありがたさが身にしみて癒された1日。 イン[…]

天然温泉プールで遊ぶ人達
関連記事

ゲストハウスの朝食が楽しみで早起きしていたなんそんです。   上の写真はゲストハウスの料理担当のおばちゃんが作ってくれた朝食です。 溶き卵に人参と玉ねぎやスライスしたウインナーを入れて、塩分強めで平べった[…]

ゲストハウスの表の看板

 

年会費無料で90日間の海外保険が付属しているお得なクレジットカードがあります。

私も海外へ出発する前に発行した為、持っています。ご興味がある方はどうぞ。

海外旅行傷害保険付帯

 

大きめの木に囲まれたサイの石像と公園の名前
最新情報をチェックしよう!