タイのバンコクで見ておきたい全長46メートルの涅槃仏 ワットポー

ワットポー涅槃仏の全体像

涅槃仏…漢字が難しくて読めない…むしろ書けない…

 

涅槃仏(ねはんぶつ)とはザックリと言えば、右手で頭を支え、

横たわった仏像(いろいろな由縁は割愛します)。

全長46メートルと言われてもあんまりピンと来ない長さ…。

 

では、分かりにくく例えると、、

  • テニスコートの縦を並べて、約2面分→思いっきり強打しないと相手コートに届かない距離。
  • 1万円札の長い方で並べて、約287.5枚→車買えるレベル。
  • 1円玉の直径をきっちり並べて、4600枚→ちょっと飲みに行って、ボトル1本キープして帰れる価格。

一言で言うなら、メチャでかい! 以上!!

と言う事で、写真も含めてどうぞ〜。

 

ワットポーのねはんぶつの写真

全体像

ワットポー涅槃仏の全体像縦撮影

相当全長が長いので、身を乗り出しての撮影。

要所要所で撮影スポットがあるので、バッチリ撮りましょう!

 

仏様のお顔

ワットポー涅槃仏の顔正面

高さ15メートルもあるので、正直写真を取るのも一苦労でした。

写真スポットだったので、かなりの人がいますが、なんとか撮影成功。

 

足の裏

ワットポー涅槃仏の足の裏

ワットポー涅槃仏の足の裏カカト

仏教の世界観を表現しているとされる108個のデザイン

素材は貝殻を研磨して作られてます。

こんな柄のタイパンツがあったら、速攻でポチってしまいそうです。。

 

頭と枕

ワットポー涅槃仏の後ろから撮影した枕と頭

ワットポー涅槃仏の後ろから撮影した枕と頭2

枕のデザインも細かくて、15メートルの高さを見上げるのも大変なぐらいスゴイです。

こんな柄の枕があったら、花びらを一つづつ数えてすぐに寝れそうです。

 

壁や柱

ワットポー涅槃仏が奉納されている部屋の壁2

ワットポー涅槃仏が奉納されている部屋の壁

柱、壁、天井、どれ一つ取っても繊細なデザインに圧巻されます。

2枚目の壁は、窓ごとにストーリーが違うので、一つ一つ見て行くのもいいですね。

この写真だけで大喜利できそう…だが、不謹慎なのでヤメておきましょう!

 

拝観料

ワットポー自体は200バーツ(小ちゃい水のペットボトル付き 2019/04/29時点)です。

 

涅槃仏はメインディッシュとして、入口から涅槃仏がある建物まで

タイ特有の建造物や見所がたくさんありますので、是非ゆっくりとまわって下さい。

 

アクセス

行き方としては、カオサン通りから徒歩で20〜30分

タクシーやバイタクでは約10分(交通状況により大幅に変わる可能性あり)。

 

私は気温37℃の中、気合いで徒歩で行きました!

全然行けない距離では無いですが、途中の道路沿いは日陰なしの歩道狭しです。

 

徒歩で行く場合は、水と日焼け止めと汗拭きのタオルは必須ですよ。

 

 

注意点

やはり寺院となれば、服装は注意です。

露出の激しい服装(タンクトップ、ノースリーブ、膝丈より上の短いズボンやスカート)は避けて、

ハーフパンツは一応OKでしたが、膝下タイパンツに半袖Tシャツが無難でしょう。

 

ちなみに、実際私が体験した事なのですが、入場門前のバイタクの客引きが、

「そのハーフパンツでは入場できないから、パンツ買えるところまで俺が送ってあげるよ」

って、声かけられました(もちろんバイタク代有料)。

 

一瞬、「え?まじ!?」ってなったけど、自分よりもっと短いハーフパンツの欧米人が

ガンガン入場しているのをみて嘘ついてることが分かり、なんとか騙されずに済みました。

 

確かに極端に露出が激しいのはマズいけど、膝丈ほどのハーフパンツはセーフみたいです。

 

まとめ

どんな場所 全長46メートル、高さ15メートルの涅槃仏が見られる所。
アクセス 徒歩でも行けるが、体力と暑さ次第ではバイタクが良し。
注意点 露出を避け、入場門前のウ○ップに気をつける。
営業時間 8時〜18時30分
拝観料 200バーツ(小さいペットボトルの水付き)

観光スポットだけあって、若干人が多いです。

私が行った時は12時前ぐらいで、中国人の団体観光客と被ってしまい、

写真スポットの順番待ちが多少発生しました。

 

人混みと気温を考えると、9〜10時に着くぐらいがちょうどいいのかなと思います。

タイは年中暑いので、熱中症には十分気をつけて下さいね〜。

 

ゆる〜く生きましょう!

ワットポー涅槃仏の全体像縦撮影
最新情報をチェックしよう!