【沈没注意】タイ北部のゆる〜い街「パーイ」でゆる〜く散策

青空と自然に囲まれた川

パーイに住みたいとガチで思ったなんそんです。

 

前回の記事でチェンマイからパーイに無事移動できて宿もバッチリ見付かったところで、本記事ではパーイで散策したカフェや街並みについて共有していきたいと思います。

 

 

パーイって?

タイのだいぶ北部で、ミャンマー寄りの場所にあります。

ガッツリ観光という場所ではなく、山に囲まれててゆる〜く過ごせる場所かなと思います。

街も30分〜1時間ほど歩けば結構把握できるレベルでコンパクトになっていて、カフェ・バー・クラブ(音楽)・レストラン・出店・お土産店・コンビニ等がギュッと詰まっているのでアクセスがかなり良いです。

夜はナイトマーケットもやっているので賑わっているし、中心地より離れたゲストハウスに泊まれば静かだし、祭りと静寂が共存した街だなぁと個人的には感じました。

過ごし方に幅があって私はこの街が好きですね!

絶対また行きます(笑。

 

 

ゆる〜く散策

街並み

青空と山が見えるパーイの街並み

パーイは山に囲まれてるので道路の先の目線は山と青空が見えて気持ちいいです。

レンタルバイク屋さんは結構ありますので、天気がいい日はドライブしちゃいましょう!

私はバイクレンタルして1日中周辺を巡りましたよ〜また後日巡ったスポットを共有しますね。

 

青空と山が見えるパーイの街並み

青空と山が見えるパーイの街並み

閑散期だったというのもあり、あまり人はいませんでしたが、ゴチャゴチャしてなくて逆にゆっくりと見回ることができました。

そう言えばパーイで呼び込みされなかったなぁとふと今思い出しました。

バイタクやレストランやツアー申込等の呼び込みがしつこいタイの首都バンコクとは大違いです。

その部分もパーイの良いところでしょう。

 

陳列された路駐バイクの道路

カフェやレストランやバーなどが並んでいるストリートです。

どこ行こうか迷える楽しみがあります。

 

▼地図

 

毎日通ったカフェ(OTIUM)

緑の葉っぱが生い茂ったカフェの外壁

緑の葉っぱが生い茂ったカフェの入口

カフェやレストランやバーなどが並んでいるストリートにある、オシャンティなカフェを発見!

入口の外観で有無を言わさず吸い込まれて入ったカフェです。

決して可愛い女の子がいたからとかじゃないですよ?(え?

店内でタバコは吸えませんが、エアコンが効いていてWiFiも使えるのでインスタの更新はここでやってました。

後から知ったのですが、実はここ泊まれるみたいです。

 

▼詳細はこちらをどうぞ〜。

パーイ、Otium Boutique Room – …

 

▼地図

 

お食事①

木製のテーブルに置かれたグリーンカレーと赤飯

グリーンカレーのライスが赤飯だったのはこの店が最初で最後でした(笑。

もちろん美味しかったですよ!

子どもを抱えながら働いているおばちゃ…お姉さんと、おそらくそのお母さん(?)であろう人がいて、日本もこういう働き方あってもいいんじゃないかと感じた感慨深いお店でした。

 

▼地図

 

お食事②

トッピングも可能なタイの麺料理

ストリートとは若干場所が違いますが、散歩してたらメニューの看板に安くて美味そうな写真があったので惹かれて来店。

上の写真はヌードルカレー(カオソーイ)でお値段50B(約180円)とお財布に優しい値段設定です。

野菜たっぷりで見た目ほど濃くないのであっさりしてて朝食に2回ほどお邪魔しました。

WiFiも使えるので、ご飯食べてコーヒー飲んだりしてゆっくりできて、帰りは目の前のセブンイレブンで買い物してゲストハウスに戻れるというナイスな場所にありますよ。

 

▼地図

 

手作り感満載の橋

バイクが並べられた橋の手前

まずは川を渡る橋の手前でパシャり。

 

竹でできた川の橋入口

コンクリートではなく、ガッツリ竹と木で作られた手作り感満載の橋にテンション上昇!

橋の周りをちょっと見回してみましょう。

 

▼動画でどうぞ〜。

 

橋の上でボーッとしたいレベルのユルさですが、渡るのも止まるのもちょっと勇気がいります(汗。

 

▼橋の上からの景色はこんな感じです。

青空と自然に囲まれた川

自称「ボーッとスポット人気ナンバーワン」(なんそん調べ)

 

▼地図

橋を渡るとゲストハウス何店舗かあり、どこに泊まっても調子良さそうでしたし、入り組んだ路地散歩も楽しくてオススメできます。

 

バナナの葉っぱがかかる裏路地

建物と木に挟まれた狭い路地

散歩したい方は是非川を渡ってみてください〜。

 

ナイトマーケット

パーイのナイトマーケット

夜に撮った写真はこれ1枚しかなかったです…(めっちゃ照明が反射してるし)

子どもを連れて歩く親子もいて、人もそんなに多くなくてお土産をじっくり見ることができました。

ちなみにオススメのお土産はこれです(下の写真を参照)

 

パーイのお土産ポーチ

ミニサイズのポーチ(?)的なものです。写真はたった今撮りました(笑。

横サイズがボールペンぐらいで、縦サイズがミンティア2個分ぐらいのサイズです。

1つが20B〜30B(70円〜110円)ぐらいで買えて、安い・小さい・可愛いの3点セット揃ったマジでオススメのお土産ですよ。

店によって値段が若干違いますが、5個単位とか10個単位で買うとセット価格で安くなったり、サイズが違うものもありますし、柄は結構種類があるので、選ぶ方も楽しい!

バンコクのカオサン通りにも売ってますが、若干高かったりするので、パーイとかチェンマイで大量に購入しとくのはありです。

安いので自分用もついで買っちゃいましょう!

 

 

まとめ

▼スマホの場合は下の表を横にスクロールできます。

パーイとは? 祭りと静寂が共存したコンパクトな街
宿併設した毎日通ったカフェ(OTIUM) 詳細はこちら
自称「ボーッとスポット人気ナンバーワン」(なんそん調べ) 場所はこちら
オススメのお土産 ミニサイズのポーチ→20B〜30B(70円〜110円)ぐらい

タイの北部にあるチェンマイもめちゃくちゃイイ街ですが、チェンマイとはまた違った山のリゾート的な良さがパーイにはあるので、個人的にはオススメしたい街ですね。

どっちも行ったことない人はどっちも行って欲しいです!チェンマイからパーイへの行き方は前回の記事で書いてますのでどうぞ〜。

なんそん3

乗り物酔いに強いということが最近分かったなんそんです。   上の写真はチェンマイのバス乗り場まで歩いた時に撮った道中で、…

 

次はパーイでレンタルバイクを借りて巡ったスポットを共有していきますので、パーイの魅力を伝えていきたいと思います。

 

ゆる〜く生きましょう!

 

年会費無料で90日間の海外保険が付属しているお得なクレジットカードがあります。

私も海外へ出発する前に発行した為、持っています。ご興味がある方はどうぞ。

海外旅行傷害保険付帯

 

▼私も多用した格安航空券の比較検索ができるサイトお探しでしたら、どうぞ〜。

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

 

竹でできた川の橋入口
最新情報をチェックしよう!