【パーイdeドライブ】レンタルバイクで巡ったスポット3選

流れがない木々に囲まれた山の川

いつもレンタルバイクでガソリン満タンにしてしまうなんそんです。

 

ゲストハウスでレンタルバイクを手配してもらい、免許証は不要でしたが、不安ながらパスポートを渡してレンタル成功。

ちなみに値段は1日借りて200B(約700円)でした。

ガソリンはほぼ空の状態で渡されるのでまずはガソリンを入れるところからスタートです。

近くのガソリンスタンドで3リットル入れてもらって95B(約340円)だったので安いですね〜(笑。

それでは早速行ってみましょう!

 

 

Coffee In Love

入口

英語のオブジェクトが置かれたカフェの入り口

時間は昼過ぎで、まずはコーヒーを飲みに「コーヒーインラブ」へ。

ここはタイ映画「パーイ・イン・ラブ」のロケ地になった場所として有名らしく、現地の人や観光客で賑わっていました。

外観も見てみましょう。

 

外観

木製の看板が置かれたパーイのカフェ外観

見晴らしがいい自然に囲まれたパーイのカフェ

木々に囲まれて自然の中のカフェって感じですね。

入口から大自然の景色が既に見えており、開放感はかなりあります。

早速コーヒーをゲトって景色を拝見してみましょう。

 

景色

田畑と山が見渡せる開放的なカフェ

少し高台にある為、田畑と山を一気に見渡せる開放感あふれる景色です。

あいにくの曇りでしたが、それでも気持ちいい景色で風も通って涼しく、晴れたらもっと気持ちいいんだろうなぁと思います。

ぼーっとするには最高の場所です。

 

カフェ周辺

木々に囲まれた木製の看板と白いベンチ

葉っぱでハート状に囲まれた白いベンチ

ベンチが何箇所か設置されており、現地のカップル達はイチャイチャしながら撮影していました。

休憩するもよし、撮影するもよし、イチャつくもよし?

 

赤い軽トラックと英単語のオブジェクト

真っ赤な軽トラックに「I am PAI」のセットもありました。

「I am PAI」って…「私はパーイです」?…ん?…う、うん。

なんだかんだで、記念撮影してる人は結構いましたね。ここで記念撮影はいかがでしょう?

 

地図

パーイ市街地からバイクで10分ぐらい。

 

 

第二次世界大戦メモリアル橋

メモリアルブリッジとは

パーイにある日本軍が作ったメモリアルブリッジ

第二次世界大戦中、チェンマイからビルマに物資運搬の為に日本軍が作った橋とのことです。

なんとも考え深い橋ですねぇ…。

当時はどんな気持ちでこの橋を作っていたのか、どんな気持ちでこの橋を渡っていたのかと考えるとちょっと切なくなります。

せっかくここに来たのであれば自分の足でこの橋を渡ってみましょう。

 

写真

パーイにある日本軍が作ったメモリアルブリッジ

パーイにある日本軍が作ったメモリアルブリッジ

足元は木で作られていますが、しっかりとしたつくりなので怖くはありません。

橋の途中で何故かバイクがあります。記念撮影用?

 

地図

パーイ市街地からバイクで15〜20分ぐらい。

 

 

Pai Canyon(動画あり)

マジで落下注意

落下注意の看板が設置されたパーイキャニオン

まずキャニオンに行くまでの階段にこんな看板が…。

え?マジで?落ちんの!?

結構この時点でビビりまくっていました。

変な鳴き声をするセミ(?)に囲まれながらゆっくりと階段を登って生きます。

 

景色は最高!だが…

安全柵がないパーイキャニオン

雨前の曇りで景色の良さがうまく伝わりませんが、開放感があって気持ちいいです。

だが…上の写真を良く見ていただくと安全柵なんぞありません(汗。

落下注意の看板の意味がハッキリと分かりました!

ちなみに左側は…

 

安全柵がないパーイキャニオン

…はいっ!

断崖絶壁なので、少しでも足を滑らせたら永遠の旅に出てしまいます。

細いところは幅が正味80センチないぐらいですが、みんなが渡っているせいか足場が丸く窪んでいる為、実質40センチぐらいの所を渡らないといけないのです…。

が、勇気を振り絞って渡ります!

 

安全柵がないパーイキャニオン

やったぁー!

渡り終えた所から証拠写真として撮りました。マジで渡っている瞬間は生きた心地がしませんでしたね。

高所恐怖症の人や、滑りやすい靴やサンダルを履いている人などは、本当にオススメできません。マジで危ないです!

この場所から動画撮りましたので、雰囲気をどうぞ〜。

 

ちょっとだけここから進んだのですが、足を少し滑らせて好奇心より恐怖心の方がパラメーターを振り切ってしまったので戻ることに…。

もちろん渡って来たので、またあの細い所を通って戻らないといけないのです。

恐怖心のパラメーター振り切ってしまったら戻る勇気が尋常じゃなく必要になります。

私は1人だったので誰も勇気をくれる人はいません(笑。

好奇心で登った木から降りられない状態に陥り、景色を見てるふりをしながら20分程座り込んで気持ちを落ち着かせて一気に戻りました(汗。

 

以上の事により、渡ることはオススメできませんが、手前から景色を眺めるのは気持ちよくてオススメできます。

景色や断崖絶壁を見に、パーイキャニオンはいかがでしょう?

 

地図

パーイ市街地からバイクで10〜15分ぐらい。

 

 

おまけ:ムーンビレッジを探して…

それっぽい所発見

簡易的な木製の門がある森の入り口

“ムーンビレッジ”とは日本人が作った村で、自給自足のヒッピー達が住んでいるとのネット情報があったので探しに行きました。

場所は結構な山中にあるのでバイクで行くのも一苦労です。

近くのゲストハウスらしきところで聞き込みをして遂に場所を知っているという欧米の方にバイクで案内してもらい、家らしき所を訪ねてみる…(上の写真を参照)

メッチャファンキーなオジさんがいて、ここはムーンビレッジがどうか聞いたら、向かい側を指差したので行ってみると…

 

足場が壊れている木製の川の橋

橋壊れてる…草木が生い茂ってる…畑(汗。

この奥に村があるっぽいが、人がいる気配がないので、詳しく聞くと、今はもう誰も住んでおらず創設者も日本に帰国しているそうな。

村は確認出来なかったですが、ちょっと冒険っぽくてワクワクしつつ、バイクでドライブにもなったので個人的には楽しいひと時を過ごせました。

バイクでのドライブ風景を動画でどうぞ〜。

 

ゆる〜い田舎道をゆる〜くドライブできて、風も気持ちよかったし結構楽しかったですよ。

 

流れがない木々に囲まれた山の川

基本的には田舎道になりますが、途中でバイクを停めて休憩しつつ風景を楽しみつつゆる〜く行きましょう。

 

地図

パーイ市街地からバイクで30〜50分ぐらい。

 

 

まとめ

▼スマホの場合は下の表を横にスクロールできます

巡った場所 どんな場所?
Coffee In Love タイ映画「パーイ・イン・ラブ」のロケ地になった場所
第二次世界大戦メモリアル橋 チェンマイからビルマに物資運搬の為に日本軍が作った橋
パーイキャニオン 断崖絶壁でマジで危険だが、景色が良く気持ちいい所
ムーンビレッジ 日本人が作った村で、自給自足のヒッピー達が住んでいた村

※2019/6/21時点の情報です。

知らない土地の散策は基本的にワクワクするタイプなので、目的地がなくともテンション高めで散策します。

今回はバイクだったので良きドライブになりました。

バイクの運転には十分気をつけてドライブや観光地巡りしてくださいね〜。

パーイ でバイクをレンタルしてどこ行こっかなぁってなっている人に少しでも参考になれば幸いです。

 

ゆる〜く生きましょう!

 

関連記事

パーイに住みたいとガチで思ったなんそんです。   前回の記事でチェンマイからパーイに無事移動できて宿もバッチリ見付かったところで、本記事ではパーイで散策したカフェや街並みについて共有していきたいと思います。 […]

竹でできた川の橋入口
関連記事

乗り物酔いに強いということが最近分かったなんそんです。   上の写真はチェンマイのバス乗り場まで歩いた時に撮った道中で、天候にも恵まれていい天気でした。この後に試練が待っているとも知らずに…。 チェンマイ[…]

車の通行禁止看板が設置された自然の中のゲストハウス

 

年会費無料で90日間の海外保険が付属しているお得なクレジットカードがあります。

私も海外へ出発する前に発行した為、持っています。ご興味がある方はどうぞ。

海外旅行傷害保険付帯

 

▼私も多用した格安航空券の比較検索ができるサイトお探しでしたら、どうぞ〜。

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

 

パーイにある日本軍が作ったメモリアルブリッジ
最新情報をチェックしよう!