【クアンシーの滝】熊!?蝶々!?水浴び!?森林浴inルアンパバーン

エメラルドグリーンの水で泳ぐ人達

私は滝になりたい。なんそんです。

 

Kuang Si Waterfallこと、クアンシーの滝に打たれてきました、心を。

滝とエメラルドグリーンの川が目的だったのですが、熊あり蝶々あり水浴び可能な大自然の森林浴場でした。

ルアンパバーンの観光で困っているのであれば、行って損無いかと思います。

どんな場所なのかを写真と動画で見て、行きたくなったら行くスタイルはいかがでしょ?

それでは、詳細は下からどうぞ〜。

 

 

クアンシーの滝とは

どんなところ?入場料は?

エメラルドグリーンの水の滝

エメラルドグリーンの水が滝つぼに溜まって、幻想的な空間が広がっており、水浴びもできる天然のプールになっています(一部遊泳禁止エリアあり)。

観光として人気みたいで、入り口にお土産屋さんや出店もあります。

木々に囲まれているので、エメラルドグリーンの水を眺めながら森林浴としてもいいですね。

入場料は20,000キープ(約250円)ですが、乗合バスなどで行く人は入口ゲート前でまとめて徴収する可能性がありますので、事前にお釣りのないように準備しておきましょう。

 

行き方と地図

ルアンパバーン市内から車で約1時間

ちなみに私はゲストハウスで乗合バンを手配してもらって行きました。料金は往復40,000キープ(約500円)

泊まったゲストハウスは前回記事で紹介していますが、一応載せておきますのでゲストハウスが決まっていない方へ参考までにどうぞ〜。

Booking.com

Booking.com で良さそうなホテルをたくさん見つけました。どのホテルを予約したらいいかヘルプしてください!…

 

 

ツキノワ熊

クアンシーの滝でツキノワグマを見学

入り口からすぐのところに熊を保護するセンターがあります。

ツキノワグマの説明が日本語で書いてあって、久々の日本語でちょっとテンションあがっちゃいましたが、熊さんは暑さでテンション下がっておりました。

子熊がハンモックで寝てて、微動だにせず…そして全然顔を出してくれなかったです。

運が良ければテンション高い熊さんに遭遇できるかもです(もちろん安全策はありますよ)。

 

 

森林浴

森の中に作られた木製の歩道

熊さんコーナーには木製の遊歩道があって、晴れてると木漏れ日がいい感じで気持ちいいです。

遊歩道は少ししかありませんが、木々に囲まれた道は続きますので、森林浴したい方はこのまま進んじゃいましょう。

 

 

エメラルドグリーンの水

水浴びをする人達

エメラルドグリーンの水で泳ぐ人達

上流から流れてくるエメラルドグリーンの川

エメラルドグリーンの水で泳ぐ人達

水も綺麗だし暑いし、みんなガンガン泳いでますね〜。

水着を忘れなければどれだけ気持ちよかったのかと…後悔(涙。

 

 

代わりにバシバシ写真を撮りましたので、雰囲気を下からどうぞ〜。

 

写真

上流から流れてくるエメラルドグリーンの川

下流に流れるエメラルドグリーンの川

上流から流れてくるエメラルドグリーンの川

エメラルドグリーンの川とハイビスカス

上流から流れてくるエメラルドグリーンの川

水のグリーン感が写真で伝わりましたでしょうか?(汗

どうにも写真では伝わりづらいのが残念ではありますが、マイナスイオンたっぷりの森林に囲まれてゆる〜い空間ですよ〜。

 

動画

蝶が舞って、川のせせらぎ音と小魚達が泳ぐエメラルドグリーンの水は癒されました。

魚が泳いでいるということがきっと綺麗なのでしょう。

次行く機会があれば水着を持って行って泳ぎたいものです。

 

 

滝の正面へ

滝の手前にかかる木製の橋

上流まで登って行くと、いよいよ滝に遭遇です。

そこまで大きな滝ではありませんが、遊歩道も整備されていて観光客が滝の前で記念撮影をしていました。

 

▼滝の前で動画を撮影したので雰囲気をどうぞ〜。

滝の目の前は、滝の水が落ちる風圧で若干涼しいので、ゆっくりしたくなりますが、記念撮影をする人が多いので程よく涼んだら譲ってあげましょう。

滝で記念撮影して涼んだら、更に進んで滝の上まで行くことができますが、正直進むのはオススメできません。

舗装されていない急な階段や坂道を登るので、体力に自信がない人や滑りやすい靴を履いているのであれば、登るのも降りるのも大変困難だからです。

…と言いつつ私は登りましたが(笑。

KEENのクリアウォーターサンダルを履いていたのである程度は歩きやすかったのですが、ビーチサンダルならかなり大変でしょう(汗。

もし登るのであれば足元に十分気をつけて登ってくださいね〜。

 

滝の上へ

木々に囲まれた綺麗な湖

森の中で示す看板

上に登るまでの写真がなかったので申し訳ないですが、写真を撮ってる余裕がなかったです(体力&運動不足な30代より)。

滝の上には映画「もののけ姫」に出てきそうな静かな森があり、静寂な川が流れていました。

またある程度進むと看板がでてきて、3km先へ何かしらあるぞ〜って内容だが、この段階では時間も体力もなかったので、看板を基点に私は折り返し確定しました(汗。

次は、クアンシーの滝を出て蝶々園に向かいましたよ〜。

 

 

蝶々園

本日休館で、外で堪能

花の蜜を吸う白黒の蝶々

Kuang Si Butterfly Parkこと、クアンシー蝶々園へ行こうと思ったのですが、まさかのたまたま休館日で入れず…。

しかし、蝶々は外にもたくさんいて記念撮影(笑。

時間に余裕がある方は是非寄ってみてください。

 

▼外の蝶々を動画でもどうぞ〜。

 

地図

クアンシーの滝入口から徒歩約5分

 

まとめ

どんな場所? エメラルドグリーンの水の天然プールあり、森林浴場
入場料 20,000キープ(約250円)
アクセス ルアンパバーン市内から車で約1時間

※本記事内容は2019/6/26時点の情報です。

写真をたくさん撮って本記事に載せましたが、やっぱり現地の空気感は味わってほしいものです。

川や滝の音、鳥の声、森に入った清涼感など、自然が好きであればかなりオススメできます。

ルアンパバーンでの観光やクアンシーの滝に行こうかと迷っている方へ、少しでも参考になれば幸いです。

 

ゆる〜く生きましょう!

 

関連記事

パーイでビールばっかり飲んでいたなんそーんです。   このままではタイ(パーイ)に沈没してしまいそうだった為、意を決してラオス(ルアンパバーン)に行く事にしました。 パーイからラオスに行く移動手段としては[…]

スローボート内の様子
関連記事

散策大好きなんそんです。   前回記事でタイ北部パーイから2泊3日かけてスローボート大移動の後、やっとルアンパバーンに着きました。 ちなみにラオスのルアンパバーンは街全体がユネスコ世界遺産に指定されている[…]

竹で作られた川の橋

 

年会費無料で90日間の海外保険が付属しているお得なクレジットカードがあります。

私も海外へ出発する前に発行した為、持っています。ご興味がある方はどうぞ。

海外旅行傷害保険付帯

 

▼私も多用した格安航空券の比較検索ができるサイトお探しでしたら、どうぞ〜。

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

 

 

滝の手前にかかる木製の橋
最新情報をチェックしよう!