タイの涅槃像もビックリ!ブロンズ製では世界一大きい福岡県の涅槃像

福岡南蔵院の涅槃像正面

 

福岡県篠栗町の南蔵院にある、ブロンズ製としては世界一のデカさを誇る涅槃像

 

タイのワットポーでも涅槃像を拝観してきましたが、日本でも見れるなんて知らなかった…。

 

関連記事(新しいタブで開きます)

涅槃仏…漢字が難しくて読めない…むしろ書けない…   涅槃仏(ねはんぶつ)とはザックリと言えば、右手で頭を支え、 横たわった仏像(いろいろな由縁は割愛します)。 全長46メートルと言われてもあんまり[…]

ワットポー涅槃仏の全体像縦撮影

 

デザインや材質などは違えど、サイズ感としては近しいものがあるので、

日本で涅槃像に出会いたい方は福岡県の篠栗町で出会えますよ〜。

 

福岡県篠栗町の南蔵院とは

先ほど、涅槃像が世界一という説明はしましたが、もう一つ話題になったことがあります。

住職さんが1億3000万円の宝くじを当てたご利益なスポットなんです!

ガッツリご利益いただいたので、今年の年末ジャンボは期待できそう。。

 

涅槃像が建立された理由について、

南蔵院では長年にわたりミャンマーやネパールの子供たちに医薬品、ミルク、文房具などを贈り続けた返礼として、ミャンマー国仏教会議よりお釈迦様、阿難様、目連様の三尊者の仏舎利の贈呈を受けた。この仏舎利をおまつりするために平成7年に釈迦涅槃像が建立された。

引用元:心のふるさと篠栗 篠栗町観光協会

と、あります。ホント至れり尽くせりですね!

 

それでは、写真と共に館内を見ていきましょう〜。。

 

写真

南天稲荷参道

福岡南蔵院の南天稲荷参道入り口

福岡南蔵院の池

 

108段の階段を上ったところに堂宇がありますが、今回は時間の都合上、登りませんでした。

(時間の都合があっても、体力的に登れるかどうか…)

 

不動明王像と雷様

福岡南蔵院の雷様

 

右手に見えますのが、高さが10メートル級不動明王像ですが、めっちゃ怒ってます。

てか、めっちゃこっちを見てる…最近なんか悪いことしたかなぁ…。。

 

だいぶ見づらいんですが、左側の赤いポールで囲っている木は、雷が落ちて皮が剥がれています。

その雷により神様が宿るとされ、雷様が彫ってあり、災いを除く神として拝められています。

 

七福神トンネル

福岡南蔵院の七福神トンネル

 

壁にはお地蔵さんの板がびっしりと並んでいます。

お金を払えば名前と共に貼ってもらえるみたいですが、現在もやっているかは不明です。

 

写真にはないですが、トンネル中央に七福神が祀られてますので、

商売繁盛願ってお祈りをするのもいいですね!

 

なかよしばし

福岡南蔵院のなかよしばし

 

仲良し橋の先にはホッコリスマイルな仲良しお地蔵さんがいます。

良縁円満のご利益があるそうなので、お祈り後にホッコリしてみてはいかがでしょう?

 

お地蔵さん

福岡南蔵院の地蔵様

 

寺院内には沢山のお地蔵さんがいるので、色んな表情とファッションしてましたよ。

全く同じものはないのではと思うほど、ひとつひとつ違うお地蔵さんでした。

お気に入りのお地蔵さんを探してみるのもいいですね!

 

世界一レベルの涅槃像

福岡南蔵院の涅槃像全体像

 

さてさて、改めてご紹介の世界一のサイズを誇る福岡の涅槃像。

全長41メートル、高さ11メートル、重さ約300トンのドドんとメガサイズ!

 

福岡南蔵院の涅槃像

 

ちなみに体内への拝観も可能です(500円)。360度から受けるご利益は相当なものでしょう!

体内の拝観は可能ですが、写真撮影は禁止です。

 

仏足(ぶっそく)

福岡南蔵院の涅槃像の足の裏

 

仏足(ぶっそく)とは、「お釈迦様の足跡を石に刻んだもの」ですが、足跡カッコ良すぎっしょ!!

こんな靴底のスニーカーあったら速攻でポチってしまいそうなデザインです。

 

仏足は礼拝の対象なので、触ることが可能な為、金運アップのご利益をもらっておきましょう。

 

アクセス

住所:福岡県糟屋郡篠栗町大字篠栗1035

 

電車で行かれる方は城戸南蔵院前駅で降りて、徒歩3分です。

福岡市内から車で来られる方は、約30分で、少ないですが無料駐車場もあります。

 

 

まとめ

どんな場所 住職さんが1億3000万円の宝くじを当てて、世界最大級の涅槃像が鎮座している寺院。
アクセス 電車でも車でも。
注意点 いくらご利益をもらったとはいえ、必ず宝くじが当たるわけではない。。
拝観料 0円〜500円(通常参拝は無料、胎内拝観料500円)

 

私はタイのワットポーで涅槃像を拝観したばかりだったので、

こんなに早く涅槃像に再会できるとは思いませんでした。

 

タイには行けないけど、日本でどうしても涅槃像が見たい!という方は是非っ♪

 

ゆる〜く生きましょう!

 

 

合わせて読みたい記事

涅槃仏…漢字が難しくて読めない…むしろ書けない…   涅槃仏(ねはんぶつ)とはザックリと言えば、右手で頭を支え、 横たわった仏像(いろいろな由縁は割愛します)。 全長46メートルと言われてもあんまり[…]

ワットポー涅槃仏の全体像縦撮影

 

福岡南蔵院の涅槃像
最新情報をチェックしよう!